banner

確実な証拠を事前に手に入れておく

離婚で協議離婚をする事が出来たのなら簡単にそして一番早く離婚成立してくれるのですが、しかしもめてしまうと離婚できなくて離婚調停になってしまいます。
離婚調停は裁判とは違っているので簡単なのではと思われてしまうのですが、しかし浮気が原因で慰謝料を請求して離婚をする場合は違ってきてしまいます。
離婚調停になってしまうとメールなどの状況証拠では不十分になってしまいますので、確実に不倫調査をしている証拠が必要となってきてしまいます。
慰謝料の請求がなければ協議離婚で終わる場合もあり、そして離婚調停になってしまったとしてもすんなりと離婚出来る場合が多いです。
しかしお金が絡んできてしまうと非常に難しく、場合によっては離婚出来ないそして慰謝料の請求が出来ないなど、かなり不利になってしまいます。
確実に離婚そして慰謝料の請求をするのなら、状況証拠ではなくて確実な証拠を事前に手に入れておくのが一番です。
確実な証拠になってくれるのがホテルの出入りをしている写真、そして動画が浮気調査には一番です。
食事をしている写真や相手の方の車に乗り込もうとしている写真では、浮気の証拠になってくれませんので、ホテルの写真を確実な証拠として用意しておきましょう。
確実な証拠を手に入れるのは非常に難しく、個人で動いていたとしてもホテルに入る様子の写真はなかなかゲット出来ません。
そこで確実に証拠を手に入れるためにもまずは探偵にお願いをするのが一番です。
探偵にお願いをしてしまうとお金がかかってしまうのですが、しかし慰謝料を確実に請求したいのならお金がかかってしまったとしても仕方がありません。
探偵の報酬よりも慰謝料の方が高くなっている場合が非常に多いので、損することは少ないのでプロの方にお願いをしてより有利に離婚できるようにするのがベストです。

手口の巧妙化

盗聴器の中には、昔から利用されている直接式・室内盗聴と呼ばれる盗聴器があります。
この様な直接式の盗聴器は最近減っては来ていますが、値段が安価なことと、盗聴を始めたばかりの人でも比較的容易に設置できることから悪用されるケースが多いです。
その名のとおり盗聴をしたい場所に設置し、そこで録音までしてしまうといった原始的な盗聴器になります。
直接式の盗聴器の場合、設置と回収、2度ターゲットのもとに侵入しないといけないので、盗聴する側としてはリスクのある盗聴方法だと言えます。
電波を発していないものも多いため、不倫の証拠収集法としてはシンプルであるがゆえに見逃してしまうこともあるようです。
こういった盗聴は許される行為ではありません。
ある程度の注意で、盗聴器の設置を防ぐことは可能ですが、最近は手口も巧妙化していますので、気が付いた時には盗聴されていたということもたくさんあります。
盗聴器の発見には早めに業者に依頼することをオススメします。

浮気調査|結婚詐欺|東京の青木ちなつ 探偵事務所
東京の青木ちなつ 探偵事務所
Copyright (C) 2013-2016 不倫の証拠収集法 All Rights Reserved.